そんなもの買うとは思わなかった親でも買ってしまった。

うちの親も 英語教材とかを買っていました

教育熱心な方ではなかった うちの親ですら いろんな教材やら
玩具やら 買っていたこと今になって気づきました。

何故買ったのか?

やっぱり 子供の教育やら知育のためとあれば
親って買っちゃうものなんだと思います。

私は1980年代生まれです。

おなじ世代の方だと知ってるかも知れません
「ブリタニカの英語教材」を。

あれも 知育教材だと思います。

英語と日本語のカセットテープを聴きながら
物語を楽しんでいきます。

もくもく村のけんちゃんとか懐かしいですよねw

あれを買ってもらって英語が上手くなったか?と聞かれると

「とくに関係なかったかなぁ・・」と答えます。

別に英語が好きになったワケでもなく 発音が上手になったワケでもなく
英語の成績が特別よかった事もありません。

こうして見ると あまり効果が無いものも当然出てきます。

中には あの教材で英語に目覚めて 通訳になった人もいるかも知れませんが
私は 全く効果がなかった。

ただ 当時を思い出して 懐かしいだけでした。

他にも図鑑やら色々買わされた親

他にも全40巻セット 1冊1800円もする図鑑を買ってたり
結構無駄というか 後先考えずに買っているのです。

図鑑は殆ど使った記憶もなく 家の押入れに綺麗に保管されていました。
(その図鑑は最近うちの姉の子供に数冊プレゼントしたらしいです。
植物図鑑や動物図鑑もその中に含まれていました。)

どうでしょうか?

それほど教育に力を入れていなくとも こんな風に買っているものなのです。

ただ 何も考えずに買ってる節があると思うのです。

「役に立ちそうだから。」という理由だけでは こういった
失敗というか 有効利用は出来ないのです。

こんな失敗をせず 極力お子さんの教育に最大限 役に立てるには
どうすれば良いのか?これをテーマに今後考えていきたいと思います。

Sponsored Link

コメントを残す