ブロックの良さ それは引き継いで遊べる知育玩具である事

規格が変わらないから いつでも遊べる

私が買ってもらった20年以上前のレゴと
甥っ子が持っているレゴがくっ付きます。ずっと同じ規格だから
実現可能なのです。

これはちょっと飛躍しすぎですが

例えば 兄弟で使うことも可能なのです。

言ってみればお下がりというやつです。

例えば お子さんが1歳半と4歳だったとします。

最初お子さんの為にデュプロシリーズを買っていた場合
そのまま1歳のお子さんに遊んでもらう事が可能です。

この場合4歳のお子さんもデュプロで遊んでもらうのが
理想かも知れません。
4歳であれば そろそろ通常のレゴに切り替えても良いのですが
1歳半のお子さんがいる場合はまだまだ誤飲の危険性があります。

こういった場合は ちょっとだけ切り替えるタイミングを
ずらしたほうが 事故を防ぎ 楽しく遊べると思います。

遊びながら学べて お下がりでも十分なオモチャは
ブロック以外は無いかも知れませんね。

Sponsored Link

コメントを残す