注目のレゴシリーズ

レゴ定番の赤青バケツに代わるもの
赤バケツ青バケツシリーズが2014年生産終了 代わりになりそうなのは コチラの黄色シリーズといえそうです。
レゴデュプロの基本ブロック
デュプロのブロック数が物足りなくなったら?

おおよそ レゴのお買い得感を判別する方法を紹介します!

自分たちでお買い得かどうか?判断できるように独自の調査で
出来る方法を考えました。 参考にしてみてください。

お買い得感を判別する方法(ピース数×平均値頃感)

そのシリーズ最新6作品の合計価格/合計ピース数

これで 大体のお買い得感が分かるように表にしてみました。

値頃指数が低いほうが基本的にお得という事になります。

レゴシリーズ名 値頃指数
(価格/ピース数)
一覧表リンク
レゴクラシック 8.85 ピース数&特徴
レゴクリエイター3in1 11.38 ピース数&組み換え形
レゴシティ 12.95 ピース数&特徴
レゴムービー 13.10 ピース数&特徴
レゴエルフ 14.66 ピース数&フィグ確認
レゴフレンズ 15.24 ピース数&フィグ確認
レゴニンジャゴー 16.11 ピース数&フィグ確認
レゴジュニア 19.65 ピース数&特徴
レゴデュプロ 78.04 ピース数&特徴

例えば
レゴクラシックの場合1ピース=8.85円となりました。

気になる商品がレゴクラシック10694でピース数303個
気になる価格が2400円だったとすると?

先ほどの1ピース8.85を掛けてみると・・・?

8.85×303=2681円となり、ややお得といえます。

これを使う事で明らかなボッタクリ価格は回避する事ができます。
ネットで買う場合、明らかな転売ヤーのボッタクリ価格を回避できるハズです。
定価より高いのは、コレクターでもない限り買うのは控えた方が良いでしょう。

傾向として

発売日から時間が経っていると価格が高い
2~3年経っていると定価以下では手に入りにくい。
ネットでは買う意味が無い場合が多い。リアル店舗を見に行ったほうが
良いかも知れません。ただオークションを利用すれば多少は安く手に入るかも?

・発売して直ぐは 基本的にお買い得
出たては30%OFFとか 結構お得なシリーズが多い。

・ディズニー系は総じて高い。
・映画とコラボ系も同じく高い。
版権料が関係しているのか かなり高い傾向にあります。

どうでしょうか?

ピース数×値頃指数
で判別して お買い得かどうか 判断してみてください。

コメントを残す