知育の意味から知っておこうよ!

ここは辞書の意味から調べてみよう

知育とは
徳育・体育に対して、知識の習得によって知能を高めることを目的とする教育。

徳育(とくいく)とは道徳心のある、情操豊かな人間性を養うための教育のことである。

なかなか難しい言葉を使っているようですが

知育とは 知識を高める目的の教育というワケですね。

知識を育てるから 知育と呼ぶのです。

なので 別に手段は何でも良いという事になるのです。
知識が育てば それは全て知育と呼べると解釈できます。

遊びながらでも 運動をしながらでも 知能が高める事ができれば
れっきとした知育なのです。

当ブログでは そういった知育玩具を中心に
どんなものがオススメか? 紹介していきます。
どうぞよろしくお願いします。

レゴは知育玩具として 良い?

レゴって知育玩具としてどうなんでしょう?

私の考えは
知育として使いつつ 成長していくにつれて
普通のオモチャとして遊べる最高なコスパを発揮してくれる
ブロック玩具だと思っています。

これはカワタブロックでも構いません。ブロック玩具というのは
全て そういった面があるナイスなオモチャじゃないでしょうか?

というワケで知育玩具としてのブロックは
オススメ出来そうですね。

私の経験

私の場合 最初はカワタとレゴ両方を使っていました。
ただ 今でも残っているブロックはレゴでした。
両方ともバランスよく持っていたとは思うのですが 何故か
レゴが20数年経っても 家にあったのです。

確かに成長していくうちに 徐々にレゴにシフトしていった
記憶はあります。子供ながらどこかレゴに惹かれる部分を感じていたのでしょう。

たしかにブロックで遊んだことで 発想は豊かになったかも知れません。
そこまでものすごい影響や教育に役に立ったか?は分かりませんが
遊びながら 次はこうしていこう。といった考えながら遊ぶという面では
やはり 教育としての一面もあったのでは?と感じています。

レゴ